ジェネリックはこんなに便利!ルプラック以外にも通販で買えるジェネリック利尿薬

ルプラックの購入はこちら
薬のイメージ画像 ルプラック・ジェネリックは通販で手に入ります。

まとめて注文したり、病院に行く手間を省きたい時のためにも買い置きしておくと役立つ利尿薬です。

ルプラック・ジェネリックは新薬のルプラックを基盤に作られ、その名の通り『ジェネリック医薬品』にあたる薬です。

ルプラック・ジェネリックは日本国内では取り扱いを認められていないので海外から取り寄せる必要がありますが、新薬のルプラック錠は日本の病院でも処方されています。

ジェネリックと新薬の決定的な違いはどこに現れているのでしょうか。

ルプラック・ジェネリックについて、さらに詳しく知ってみましょう。

ルプラック・ジェネリックを幅広い人が使えるように…ジェネリック医薬品の役割とは

薬のイメージ画像ジェネリック医薬品というワードは、調剤薬局や病院でも耳にする機会が増えたのではないかと思います。

調剤薬局で薬の処方を受ける際に「ジェネリックでも大丈夫ですか?」という確認を受けた人もいるのではないでしょうか。

ジェネリック医薬品は先進国では順調に普及が広がっており、日本国内での普及率もすでに70%以上という結果を出しています。

国内で処方される薬の7割がジェネリック医薬品になりつつあるということです。

しかし、ジェネリック医薬品とそうじゃない医薬品にどんな違いがあるのかについて、理解できている人はそう多くいません。

ジェネリック医薬品は、少しでも幅広い人が薬を購入しやすくするために広まっているのです。

ジェネリック医薬品はこれからも広まっていくべき文化

製薬会社が長い開発時間と多額の開発費用をかけて新薬を生み出し、安全性が認められた薬から病院で取り扱われるようになります。

新薬が販売にたどり着くまで、製薬会社にはさまざまな負担がかかります。

そのため新薬は20年間ほど『特許権』という期間で守られ、製薬会社が新薬の価格を決めていいこと、そして特許権が切れるまで新薬と同じ効果の医薬品は開発されないことになります。

特許権が切れると、新薬と同じ効果を持つジェネリック医薬品が開発されます

ジェネリック医薬品は0からの開発ではなく、新薬から作り方の基盤を得ているので、開発時間や開発費用は新薬に比べると大きな負担にはなりません。

この理由から、ジェネリック医薬品は新薬よりも安く販売されているのです。

新薬の価格が高くて飲み続けられない人でも、ジェネリック医薬品なら手頃な価格になるので購入しやすくなるでしょう。

ジェネリック医薬品は医療費の削減にも繋がり、国全体でジェネリック医薬品の使用が推奨されています。

ルプラック・ジェネリックだけじゃない、通販で買えるジェネリックの利尿薬

薬のイメージ画像上記のような理由から、ルプラック・ジェネリックはルプラック錠より安い利尿薬になっています。

ジェネリックは新薬を基盤にして作られるので、同じ効果を持つ薬が生まれるのは当然のことです。

実はルプラック錠のジェネリックは、ルプラック・ジェネリックだけではありません。

ルプラック錠と同じ成分で作られた、ほかのジェネリック医薬品についても紹介します。

通販で買えるルプラックのジェネリック

ムクミトール

製造・販売:Lecmez社(インド、シンガポール、香港)

有効成分:トラセミド

日本人が製造に携わっているため、パッケージが日本語で作られているのが特徴です。

内容量:一箱100~150錠 5mgあたり20円

トラプレス

製造・販売:Alniche Life Sciences Pvt Ltd.(インド、シンガポール、香港)

有効成分:トラセミド

1錠で40mgという成分量の種類も作られています。

必然的に錠剤を割って使用することになります。

内容量:一箱100錠 10mgあたり25円

病院で処方されるジェネリック利尿剤

トラセミド錠KO

製造・販売:寿製薬

有効成分:トラセミド

KOは病院でのみ処方されています。

内容量:4mgあたり10円

通販で購入できるジェネリック利尿薬、ルプラック以外にもいろいろ・まとめ

ルプラックの画像ジェネリック医薬品は少しでも医療費を削減するため、多くの人が手を伸ばしやすい価格の薬を増やすために作られました。

今や、各国の医療現場ではたくさん活用されています。

日本を含め、今後もジェネリック医薬品の普及率は高まっていくでしょう。

ルプラック・ジェネリックも、ルプラック錠のジェネリック医薬品として開発された薬の1つです。

医療費を削減するために作り出されたジェネリックなので医療費を抑える目的でルプラック・ジェネリック通販を利用してもいいのです。

ただし、通販で取り扱われるルプラック錠のジェネリックはルプラック・ジェネリックだけではありません。

好みや使いやすさによって、いくつか種類のあるルプラックのジェネリックの中から選んで購入しましょう。

また、病院でもルプラック・ジェネリックとは別のジェネリック利尿薬が取り扱われています。

病院に行って処方を受けなければいけないというデメリットはありますが、薬代だけで見るとこちらが1番安い利尿薬なので、機会がある時に医師に聞いてみるといいかもしれません。

ルプラックの購入はこちら

Uncategorized
ルプラック通販があればラシックスいらず|ルプラックリア

コメント

タイトルとURLをコピーしました