通販で買えるルプラックといろんな利尿薬!アルダクトン・ダイアート・フロセミドとの違いとは?

ルプラックの購入はこちら
通販を利用する女性立ち仕事をした時、たくさん歩いた時、お酒を飲んだ翌日。

何かの拍子に現れては多くの女性を苦しませるむくみの症状を、すっきり解放してくれるのが利尿薬のルプラックです。

ルプラックは国内の病院でもたくさん処方されていて、効果には確かな信頼があります。

こちらはまだ日本で承認されていませんが、通販で取り扱われる中にはルプラックのジェネリック医薬品も作られており、より安く手軽にルプラックを買いたい人達から活用されています。

ルプラックの効果について何度か説明してきましたが、もちろん利尿薬にはルプラック以外にもいろんな種類が見られます。

ここでは、効果が少し似ているルプラック以外の利尿薬について、特徴を比較しながらいくつか紹介します。

通販で買えるルプラックと他の利尿薬の違い

ルプラックと少し似た効能を持つ利尿薬にはアルダクトン、ダイアート、ラシックスなどが挙げられます。

特にラシックスはルプラックとよく似ているので、通販を使う人の中ではラシックスの代わりにルプラックを購入する事例も見られます。

ルプラックについて

ルプラックの画像ルプラックは、有効成分のトラセミドを配合して作られました。

ループ利尿薬といって、利尿薬の中でも特に利尿作用の強い薬になっています。

腎臓の活動をサポートして、老廃物や余計な水分が体内に溜め込まれないよう働きかけます。

溜め込まれなかった水分が尿になり、体の外に排出されるのでむくみにくく、血圧も下がるようになります。

ルプラックの大きな特徴は、服用する量の少なさです。1日1回4~8mgという成分量で、十分に効果を発揮します。

薬をたくさん飲むのは苦手、という人にもおすすめの利尿薬です。

アルダクトン

アルダクトンの画像アルダクトンは、有効成分のスピロノラクトンを配合して作られています。

この利尿薬はカリウム保持性利尿薬という種類に分けられます。

利尿作用の強さで言えばループ利尿薬ほどではありませんが、ループ利尿薬と併用して使うことは可能です。

このカリウム保持性利尿薬という特性が最大の特徴といえます。

カリウムを保持することができるので、低カリウム血症などのリスクが小さい為、ルプラックなどに比べるとカリウムを原因として副作用のリスクは小さくなります。

また、アルダクトンには女性ホルモンの増加作用があると言われています。

そのため、むくみの解消と共にAGAの治療などにも効果が期待できると言われています。

FAGAと呼ばれるような女性型脱毛症の方が利用しているというケースもあります。

ダイアート

ダイアートの画像ダイアートは有効成分としてアゾセミドを配合したループ利尿薬になります。

利尿薬となるので、むくみに対して高い効果を発揮します。

ダイアートのアドゼミドは、ラシックスのトラセミドやルプラックのフロセミドと決定的な違いがあります。

その決定的な違いというのが、効果時間の長さになります。

アゾセミドは服用後9時間以上も効果が持続したという結果が出ています。

そのため、長時間の効果を期待できますがむくみ取りという観点から考えるとラシックスやルプラックに比べると劣ってしまうと言えるでしょう。

むくみを取って細く見せるのであれば、効果時間自体は短くても問題ありません。

逆に効果時間が長くなれば長くなるほど、トイレに立つ機会が増えたりといったリスクが高まるという事なので、長時間の効果があるというのは一見お得なように見えますが、むくみ取りという観点ではマイナスポイントでしかないのです。

ラシックス

ラシックスの画像ラシックスは、むくみ取りの治療薬として非常に高い人気を誇っていました。

しかし、このラシックスはその効果の高さから輸入禁止という措置が国から取られるという事になってしまい、現在ではラシックスを個人輸入するとなるとそれだけで法律に違反してしまう事になってしまいます。

現在は、ラシックスよりも効果があると言われているルプラックのジェネリックを通販で手に入れることができるようになっているので以前ラシックスを使っていたという人はルプラックを使っていたりします。

しかし、ラシックス、ルプラックジェネリック共に効果が高すぎるという人もいるので、そうした場合には違うむくみ取りを使うということも選択しに入れて考えておく必要があります。

以前からラシックスを使っていて、今も使いたいというような場合にはラシックスを病院で処方してもらうほかありません。

しかし、ラシックスをむくみを取るダイエットの為に処方してくれるという医療機関は基本的にないと考えておいた方が良いでしょう。

そのため、ラシックスは使えないと考えておく方が賢明です。

色々なむくみ取りの違いまとめ

通販を利用する女性ルプラック以外にも様々な種類のむくみ取りの利尿薬はあります。

それぞれに違った特徴があるので、どれか一つだけを試すよりは色々な種類を試してみて自分に合ったモノを選んでみるとよいでしょう。

薬の種類によって副作用の強さなども違いますし、自分に合っている薬かどうかも変わってくるので、そうした部分も含めて選ぶようにしましょう。

ルプラックの購入はこちら

Uncategorized
ルプラック通販があればラシックスいらず|ルプラックリア

コメント

タイトルとURLをコピーしました