ルプラック通販が気になるむくみに、血圧に…

ルプラックの購入はこちら
むくみに悩む女性デスクワークや立ち仕事などが多い女性の悩みといえばやはり「むくみ」ではないでしょうか。

むくみといえば、同じ体勢を長時間続けている状態や塩分、水分やアルコールの摂取過多、水分不足などが原因という話があります。

また、生理や妊娠でホルモンバランスに変化が起きた時など、男性に比べて女性はむくみやすい体質になっています。

このほかにも、リンパ管の詰まりや特有の病気、加齢やストレスなど…

とにかく、体のむくみにはさまざまな原因が挙げられるのです。

むくみ問題の根源の一つとして、腎臓の機能低下が考えられます

血液中に含まれる水分は、血管外に染み出して細胞と血管の間を行き来し、栄養の摂取と老廃物の除去に役立っています。

この血管外に染み出す水分と血管に戻る水分の割合が変動して、細胞の間に水分が溜まった状態をむくみといいます。

体内の水分量を一定に保つのは、主に腎臓の役割です。

腎臓の機能が低下すると体内に水分が溜まりやすくなり、むくみやすくなります。

むくみは足だけでなく、顔やまぶたにも現れ、肥満の印象を与えてしまいがちです。

むくみを放置してしまうと、セルライトとよばれる凹凸のある肉がつきやすくなるのです。

また、肥満の人は通常よりもむくみやすい傾向にあるそうです。

少しのむくみなら自分で解消できるように、むくみの解消法はいろいろと考案されています。

マッサージや入浴、食生活の見直し。特に塩分の摂りすぎには注意が必要です。

でも、最も効果的に症状を改善するには…やはり医学的な方法が最善ではないでしょうか。

むくみが原因で病院へ行ったことはありますか?もちろん、病院に行くのが一番手っ取り早く正確な方法でしょう。

そこまでするほどだろうか…と考えてしまう人へ。

あなたのそのむくみはひょっとして、腎臓の病気などの前兆として現れているのかもしれません。

腎臓が悪くなると、引き起こされるのはむくみの問題だけでは済まないのです。

腎臓と深く関わりのある代表的な病気が、高血圧です。もうすでに心当たりのある人もいるのではないでしょうか。

高血圧は心不全や心筋梗塞などの心臓病の引き金にもなります。

大きな病気に発展する前に、治療薬でむくみや高血圧を改善しましょう。

実は『ルプラック』という、病院に行かずに手に入る『むくみ解消のための薬』があるのです。

 

通販で購入できるルプラックの作用でむくみ解消!

薬のイメージ画像日本でも処方されている利尿剤『ルクラップ』にはジェネリック医薬品もあり安価で手に入れることが可能です。

ジェネリック医薬品とは、特許の切れた新薬を元に新薬と同じ有効成分を含み同じ効果を発揮するように作られたものです。

そのため、飲んだ時の効果や副作用は同じでも開発コストに大きな差があるため、ジェネリック医薬品の方が低価格で購入できます。

ルクラップのジェネリックはIntas Pharma社から製造、販売されています。

この医薬品の効能は腎臓の活動をサポートすること。そして、体内にある老廃物の排出を促す作用が最大の特徴です。

つまり、むくみ解消と高血圧対策の強い味方です。

 

ルプラックが持つ高い効果

ルプラックの有効成分はトラセミドです。

この成分は、腎臓にあるヘンレループとよばれる部分の尿細管に働きかけます。

利尿剤の中でもループ系利尿剤と呼ばれる種類に分類される医薬品で、特に高い利尿効果を発揮するといわれています。

利尿作用によって体内に溜め込まれた老廃物や余分な水分の排出を促します。

そのため、体をむくませる原因である水分が体外に出され詰まり気味だった重たい体もすっきり細身になります

腎臓の活動を促進することで、血圧を抑える効果も発揮されます。

 

実際に通販でルプラックを購入して使っている人のクチコミ

Bさんの場合

女性のイメージ 何かとむくみやすくて、夜はむくみ対策がかかせません。

何とか今やってる対策で足のむくみは抑えられていますが、顔や手は……。

それなのに、顔や手のむくみは足よりも断然目立つ…(;_;)

そこで、お薬の力を借りてみることにしました。

ルプラックっていう名前を初めて知ったけど、むくみによく聞く薬があるっていうのはうっすら聞いたことあったような気がします。

最初は5mgを1錠飲んでましたが、効果が控えめなのが気になって、今は一度に2錠飲んでいます。

私にはその量がちょうどいいらしく、効果が出てからは手と顔のむくみもすっきりするようになりました♪

 

Sさんの場合

女性のイメージ血圧が高めなのが気になってたのですが、あまり問題視してませんでした。

しかし近い将来に心臓病にでもなったらこわいなと思い、何か対策をとろうと思いました。

病院に行ったらルプラックを飲ませてもらおうと考えてましたが、知人に教えてもらったのがルプラック。

ルプラックより安いし、説明も十分丁寧だと思ったので買いました。

予想以上に尿の量が多くなってびっくりでした(笑)でもなんだかすかっとします。

これまで気にしてませんでしたが、いつのまにか足のむくみも解消されていたようです。ラッキーでした。

 

Uさんの場合

女性のイメージ家で飲んでるから大丈夫だろうと思っていたら、いつのまにか出先でもトイレの回数が増えました。

以前は1日に2回ぐらいしか行かなかったんですけどね。今思うと、それも良くなかったですね^^;

トイレに行くのは正直めんどくさいけど、前に比べて確かに顔とか足がずんぐりとむくむことが減りました。

心なしか、体全体がシュッとしてきたように見えます笑

 

 

ルプラックの購入方法

通販を利用する女性日本の調剤薬局でも少しずつジェネリック医薬品が広まりつつありますが、先進国の普及率と比べるとまだまだ発展途上といったところです。

海外の薬局で取り扱われていても、日本では病院にすら置かれていないジェネリック医薬品がいくつもあります。

実は、このルプラックのジェネリックもそのひとつです。

ルプラックのジェネリックは、未だに日本の病院での取り扱いを認められていません

では、日本にいる限りルプラックを買えないの?という疑問ですが、そんなことは決してありません。

日本国内から出ずに、海外の医薬品を購入する方法があるのです。

それは一般的に『個人輸入代行』と呼ばれる手法になります。

 

ルプラックの購入は個人輸入代行で

その名の通り、個人で輸入する買い物方法を個人輸入代行といいます。

個人輸入を利用する際には、言語の違いの壁や海外サイトの信用性など無視できない課題が立ちはだかっています。

これらの課題を利用者の代わりに請け負ってこなすのが、個人輸入代行の役割です。

個人輸入代行で医薬品を注文するまでの流れを簡単に説明します。

 

①目当ての商品を選びます。

個人輸入をするなら取引先は海外なので、本来なら外国語のサイトから探し出す必要があります。

しかし、個人輸入代行のサイトでは全体的に日本語の説明が主流です。

そのため言語のトラブルが発生すること無く、探しやすくて選びやすいのです。

②購入確定します。

購入数量を決めて『カートに入れる』などのボタンで商品を確保します。

③手続きをします

届け先、連絡先、支払い方法などの必要事項を入力します。

もちろん、価格の表示も日本語です。

④商品が届くのを待ちます。

個人輸入は自己責任の買い物なので、もし届くまでにトラブルが発生したら取引先への対処は自分でしないといけません。

ここでも、言語の壁が生じてしまいます。

しかし、個人輸入代行ではこのような対処を代わりに行ってくれます。

 

以上です。なんと最後まで、利用者が外国語を使う場面はありません

ネット環境があれば、場所を選ばずにパパッと手続きができるはずです。

まるで国内の通販サイトと変わらないように見えますが、個人輸入は通販とは違うものです。

個人輸入代行サイトにも良し悪しがあり、偽薬を取り扱うサイトが無いとは言い切れません。

なので、利用する前にはサイトの管理人の情報や問い合わせ先、特定商取引法などをよく確認しましょう。

また、海外から個人輸入を行う場合は

・第三者に分け与えない・転売しない

・買った本人以外が使わない

・買いすぎない

上記4つのポイントを遵守する必要があります。

これらのポイントを守っていれば、個人輸入で医薬品を国内に取り寄せるという行為を合法のまま行えます。

ルールと使い方を覚えて利用すれば、個人輸入代行にはメリットがいくつもあるのです。

まず前述したとおり、海外で普及していて日本で扱われないジェネリック医薬品が多々あります

個人輸入代行ならそんなジェネリック医薬品を簡単に、そして低価格で購入できます。

高くて服用が続けられなかったあの薬も、個人輸入ならグッとお得になることが多いです。

また家まで届けてもらえるので、人に相談しづらいような薬でも堂々と購入できます。

家に届くのに抵抗があるなら、お近くの郵便局で引き取れるように手続きすれば大丈夫です。

せっかく海外輸入するなら、まとめてほかの医薬品を買ってみるのも、送料をまとめられる賢いやり方です。

海外からの取り寄せになるため、商品の到着にはだいたい1、2週間ほどかかると見積もっておいてください。

そのため、医薬品が無くなる数週間前に追加の注文をすることをお忘れなく

 

ルプラックを活用する

個人輸入で注文したルプラックが届いたときのための、簡単な飲み方と注意点です。

ルプラックは医薬品なので、使用上の注意や使用不可の条件などは事前に確認してください。

 

通販で購入できるルプラックの飲み方

薬を飲む女性服用回数は1日に1回、水またはぬるま湯といっしょに5~10mgを服用します。

体格や年齢など、個人によって効果の強さが違ってきます。

最初は一番少ない量からスタートするのがオススメです。

効果の強さ・弱さが気になる場合は1錠を小さくカットしたり、5mgを2錠飲むなどして調節しましょう。

医薬品の利尿効果が表れるのは、服用してから約1時間後です。効果の持続は4~6時間となっています。

 

ルプラックを服用する上での注意点

排尿のために寝付きが悪くなるおそれがあるので、寝る前の服用を避けましょう。

また、副作用があらわれると非常に危険なので、乗り物の運転や高所での作業は控えてください。

服用後、急に利尿効果が現れたりします。脱水症状や電解質失調を引き起こさないように注意してください。

また、

・高齢者・痛風

・無尿

・肝臓病

・腎臓病

・糖尿病

・脳動脈硬化症

これらに該当する人はあらかじめ医師に相談してから服用してください。

トラセミドまたはスルホンアミド系利尿薬にアレルギー反応が見られる人や、小児の服用は推奨できません。

このほかにも、ルプラックには併用注意薬といわれる医薬品が定められています。

新薬であるルプラックの注意書きを調べてみると、わかりやすいかもしれません。

気になる点があれば使用前に医師へ確認をとってください。

 

ルプラックの副作用にはどんなものがある?

ルプラックの副作用として、頭痛や倦怠感、めまい、喉の乾きなどが見られることがあります

これらの症状がなかなか回復しない、または悪化が見られたら、医師に相談しましょう。

また、まれに肝機能障害や血液障害、低カリウム・高カリウム血症などの副作用があることも報告されています。

このような重度の副作用が見られたら服用を中止して、すぐに医師の診察を受けるようにしてください。

 

ルプラックと同じ効果を持つ医薬品『ラシックス』

ルプラックと同じループ系利尿剤のひとつに、ラシックスという医薬品があります。

腎臓の機能低下によるむくみや高血圧の改善、またダイエットなどに役立つ効能を持っています。

ラシックスの有効成分はフロセミドです。

フロセミドの働きによって、体内の余分な水分や老廃物が体外に排出され、むくみの解消に効果的です。

効能はルプラックとよく似ていますが、効き目の速さに違いがあります。

ルプラックは服用後の約1時間前後に効果が見え始めますが、ラシックスは20~30分で効果を発揮する即効性です。

急ぎの用事など、できるだけ早く効いてほしい時には便利です。

効果持続時間はルプラックと同じく4~6時間です。

しかし、ラシックスは現在

個人輸入での取り扱いが規制され、通販では購入できません。

そのため、ラシックスがほしいという人は病院で処方してもらうしかありません。

通販でラシックスが販売されていたという場合、販売している側、購入する側両方とも罪に問われてしまうため、もしラシックスが販売されていても購入することは絶対に避けましょう

個人輸入代行で購入を検討中の人には、ラシックスと似た効能を持つルプラックをオススメしています。

 

ルプラックの通販で気になるむくみを解消させる

ルプラックの画像むくみは毎日の不調、将来の病気に繋がる恐れのあるものです。

少しでも気になった時点で気軽にむくみを解消できるのが、一番理想的ではないでしょうか。

ルプラックは安価で簡単に手に入れることができるむくみ解消のための医薬品です。

 

ルプラックの購入はこちら

ルプラック通販があればラシックスいらず|ルプラックリア
タイトルとURLをコピーしました